パソコンを見ている男性

癌やダイエットがEDの原因かもしれません

中年以降の男性にとってEDというはつらい悩みです。
達成感がないですし、女性を満足させられないことによって男性としてのプライドが深く傷つくからです。
そこで効くといわれる精力剤を飲んだりと色々な方法でEDを解消しようとするわけですが、それでもなかなか改善できないこともあるでしょう。
実はそれにはわけがあるかもしれません。

EDの原因の一つとして知られるのが癌です。
前立腺癌、膀胱癌などの摘出手術後に勃起を起こさせる神経が損傷することで、物理的に勃起しにくくなるというわけです。
これはある意味仕方がありません。
また、考えられるのがダイエットです。
健康のためにダイエットをしている男性は増えているようです。
細ければ細いほどいいという女性の風量とは違って男性のダイエットの場合は健康になるために行われるケースがほとんどです。
適切な方法でダイエットすることで健康的に痩せられればいいですが、極端な食事制限や偏った食生活で無理に痩せることで栄養失調になることがあります。
栄養が不足するとまずは生命維持に必要な部分から順番に栄養素が使われます。
勃起というのは新しい生命の誕生に欠かせない機能ですが、自分自身の生命維持に関わる機能ではないので栄養不足になるとどうしても後回しになってしまうのです。

癌は仕方ないですが、ダイエットによる栄養不足は自分で防げます。
ダイエットしながら精力剤を飲めばいいとおっしゃるかもしれませんが、それは違います。
栄養バランスのとれた食事にプラスするのが精力剤なのです。
ダイエットするのはいいですが、必要最低限の栄養はしっかり摂ることです。
これを怠るとEDになる可能性がありますし、体調を崩す恐れがあります。

関連記事